2011年07月29日

投稿

私はスリーマイル島、そしてチェルノブイリの起こった後から、絶対に原発反対でしたが、何も為すことのできないままこの福島の被ばく、放射能漏れ が起きてしまいました。

このこと自体が日本国家の恥であり、その後の対応はそれ以上の情けない行動としか思えません。
世界中で、ドイツを筆頭に原子力廃止が動く流れの中、余りに優柔不断な責任逃れしか考えていない日本の政治家の情けなさが露出しました。
しかし、 そのことを国民か知っていると言うことを気づかぬふりをして動く政治家や企業家たち。
考えられない失礼な行動ばかりです。

国家は私たちを人として扱っていません。

アメリカや東電など、大きなものに追従し続け、国民をサポートしていない政治を何とか辞めさせないといけません。

今こそ、国民が力を持つべき時だと思います。

ドイツも、国民が力を持ったからこそ、国が国民を大切にし始めたのです。国民の声を聞き始めたのです。

何とか、そういうシステムを政治に持ち込まないと間に合わない事態になります。

その様に私は考えています。そして、私が今できることは、ツィッターやブログで声を発し、人々に訴えて行くことだけです。

良い方法があれば、皆動くと思います。そして今の世の中にはネットというツールがあり、ただの人々が力を持てるのです。そして、世界にその不満を 知って貰うのは凄く大事だと思います。

取り急ぎ、今晩はこれまでにて。。。

Love and Peace,
アマリン H. アオヤマ
posted by no nukes at 22:52| 私の平和宣言