2011年08月18日

Bringing Our Peace Declaration to the Mayor of Hiroshima

We are going to bring NO-NONSENSE DECLARATION OF PEACE 2011 with the list of supporters to the mayor of Hiroshima.
We are waiting for more your support for NO-NONSENSE DECLARATION OF PEACE 2011.
If you have not yet submitted yours, please send your name and country to the address;

minnanoheiwasengen@yahoo.co.jp
posted by no nukes at 22:55| NO-NONSENSE DECLARATION

Our Peace Declaration was Announced!

NO-NONSENSE DECLARATION OF PEACE 2011 was announced at Sheffield CND event, Peace Picnic, on 7th August, commemorating the Hiroshima/Nagasaki bombings of August 1945 in the Japanese Garden at Meersbrook Park, in the UK
http://www.youtube.com/watch?v=2nhznWasA4o


NO-NONSENSE DECLARATION OF PEACE 2011 was announced at 8:30 on 6th August. In front of the Atomic Bomb Dome in the Hiroshima Peace Memorial Park.

P8060219.JPG
Dr. M. Yuasa, PEOPLE FOR A NUKE-FREE LIVELIHOOD

P8060224.JPG
Dr.S.P.Udayakumar, NO NUKES ASIA FORUM, India.

posted by no nukes at 22:54| NO-NONSENSE DECLARATION

Our Peace Declaration is put on a website


NO-NONSENSE DECLARATION OF PEACE 2011 is also put up on the HP of Cogregation des soeurs de Marie Auxiliatrice, France
http://marieauxiliatrice.cef.fr/Le-6-aout-2011-le-Japon-proclame

posted by no nukes at 22:51| NO-NONSENSE DECLARATION

2011年08月12日

英国シェフィールドで

英国シェフィールドのMeersbrookの日本庭園でのCampaign for Nuclear Disarmament(CND)主催の広島長崎記念式典で、私たちのみんなの平和宣言が、シェフィールド市長をはじめとする参加者の前で読み上げられました。
http://www.youtube.com/watch?v=2nhznWasA4o

Sheffield CND event commemorating the Hiroshima/Nagasaki bombings of August 1945 - a Nagasaki Day Peace Picnic in the Japanese Garden at Meersbrook Park
http://www.youtube.com/watch?v=2nhznWasA4o

posted by no nukes at 18:57| 2011年 みんなの平和宣言

「2011年みんなの平和宣言」賛同者募集継続!

広島市長に直接届けます!
「2011年みんなの平和宣言」賛同者募集継続! 

「2011年みんなの平和宣言」呼びかけ人の湯浅正恵です。
このたびは、宣言へのご賛同、そして呼びかけ、また「私の平和宣言」へご投稿いあただき、誠に有難うございました。
この宣言文は、8月6日に平和公園にて日本語と英語の二カ国で配布し、8時半には原爆ドーム前で読み上げましたが、その場におられなかった広島市長にも、是非とも私たちの声を届けたいと考えています。
政治的、経済的利益や駆け引きではない、生活者の真剣な平和を求める訴えに、広島市長に向き合っていただきましょう。

私たちの声をさらに、強く大きくするために、さらなる賛同者を募集します。
どうぞ、ご協力をください。まだこの宣言をご存じない方にお知らせください。賛同の意志がありながら、様々な事情から、まだ賛同できていない方に、まだ募集は続いていることをお知らせください。

賛同申し込みは、名前の日本語とローマ字表記、お住まいの県が書いて、下記に投稿ください。
minnanoheiwasengen@yahoo.co.jp
投稿いただいた方の名前はこちらです。
http://heiwasengen.sblo.jp/article/47055506.html

どうぞよろしくお願いします。

湯浅正恵
posted by no nukes at 17:58| 2011年 みんなの平和宣言

2011年08月10日

We request your support for NO-NONSENSE DECLARATION OF PEACE 2011

We request your support for

NO-NONSENSE DECLARATION OF PEACE 2011
DÉCLARATION DE PAIX POUR TOUS

6 August 2011 will mark 66 years since the dropping on the atomic bomb on Hiroshima. This year, however, more than ever before the world is turning its attention on Japan because of the ongoing crisis at Fukushima Daiichi nuclear power plant. At the same time the Mayor of Hiroshima has said that in his Peace Declaration it is necessary to be “prudent” about mentioning a “nuclear phase-out” and will not deny the “peaceful use of the atom.” We therefore feel that we must propose an alternative Peace Declaration which will:

Clearly state opposition to both nuclear power and nuclear weapons,
Situate the nuclear issue within the context of world history
Perceive the issue of the use of the atom not simply as a human problem but one that affects the whole of life on the Earth,
Call into question the nature of our civilization, which lies at the base of this issue.

This is how we will announce the NO-NONSENSE DECLARATION OF PEACE 2011
We will distribute the NO-NONSENSE DECLARATION OF PEACE 2011 in English and Japanese to the people attending the atomic bomb commemorative ceremony and to the media on 6 August.
We will broadcast a reading of the NO-NONSENSE DECLARATION OF PEACE 2011 from the Hiroshima atomic bomb dome on the Internet from 8:30 a.m. on 6 August,
We will announce the NO-NONSENSE DECLARATION OF PEACE 2011 as an appeal in front of the fountain in the Hiroshima Peace Park.

Please send your name and the name of the prefecture where you live to the address below. Your name will be shown on our blogsite.

Mail address: minnanoheiwasengen@yahoo.co.jp

Blogsite: http://heiwasengen.sblo.jp/category/1196672-1.html

---------------------

NO-NONSENSE DECLARATION OF PEACE 2011

On this day in 1945, a single nuclear weapon incinerated the city of Hiroshima.
Now, sixty-six years later in Fukushima, four nuclear reactors spew deadly radiation into the air and sea. Fallout from the Fukushima 1 Power Plant poisons forests and fields. Coolant leaking from Fukushima 1 poisons the aquifer and the ocean.
These multiple, ongoing meltdowns are an attack against all living things.

“Human life and nukes are mutually exclusive.” The survivors of Hiroshima’s atomic hellfire learned this important lesson firsthand. They called for an end to the madness, but their voices were drowned out by the endless commercials for “nuclear deterrent” and “atoms for peace.” Today the world is overflowing with victims of radiation, and still their voices are not heard.

In Hiroshima’s Peace Park, the memorial cenotaph carries this inscription:
“Rest in peace, for the error shall never be repeated.”
Our solemn promise, written in the passive form, failed to state clearly who would be responsible for never repeating the error. That ambiguity provided the Japanese Government with enough wiggle room to pursue nuclear power, always for the sake of “peace and prosperity,” of course. As a result of those policies, Japan is now a nuclear perpetrator, defiling both land and sea.

The Earth has been generous with its blessings. Yet we used the powers of science and logic to devour more of those blessings than we could ever need.
In the name of “progress,” we competed in a race toward more and more destruction.

This summer in Hiroshima, we look back and reexamine the path that led to our present impasse. Citizens of the world, we gather here to renew our promises.
We promise to reject fissile material, regardless of whether it be packaged as “nuclear fuel” or “nuclear weapon.”
We promise to recognize and expose the nuclear industry’s inherent destructiveness.
We promise to say NO to science whenever it acts as a servant to violence.
We promise to say NO to civilization and laws wherever they’re skewed against the weakest among us.
We promise to say YES to a sustainable future built in harmony with the richness of life on Earth.
Today, we promise to move boldly in that direction.

PEOPLE FOR A NUKE-FREE LIVELIHOOD
August 6, 2011


posted by no nukes at 19:29| NO-NONSENSE DECLARATION

2011年08月09日

私の平和宣言

私の平和宣言

「安全でクリーンなエネルギー」と信じた原発の建設から50年の時が過ぎました。
うわべの豊かな暮らしに、その存在の危険から目を背けていました。
3・11で剥き出しになった原発事故は徹底的な自然荒廃、環境汚染、そして生活を破壊しました。
放射性物質やその情報の氾濫で狼狽しています。
また危険な廃棄物の管理が決まらず、私たちの世代、あとの世代までも危険に巻き込まれています。

ヒロシマ、ナガサキ、フクシマの経験を背負う社会と私たちは責任の重さに目覚めております。
そして原発に依存しない暮らしを選びます。
核には核で対抗する発送を拒否していきます。
希望をもってできる限り、すべての人と平和に過ごしていけるように努めていきます。

高橋愛子 広島県


posted by no nukes at 20:36| 私の平和宣言

2011年08月08日

私の平和宣言

日々、この「私の平和宣言」に新しい命を与え、
日々、生きている限り、全身全霊で生きていきたい。
人はつながることができる。
つながりの中で、生きていくことができる。
.

One for all, All for one.

軍事利用も、「平和」利用の核も要らない。

広島と長崎で被爆した山口 彊さんが人間に託されたメッセージを

受け継ぎたい。

.

福島の浜通りで、海風の中で友とみたもの。
人と話す中で、聴こえたこと。
私には、まだ一部しか見えていなかった。
そして何より、まだ自分の声で話そうとしていなかった。
.
地球上で、羽根のように軽く扱われる夥しい命。
少数のひとのために、多数のひとたちを犠牲にし、
踏み台にして自分の欲望を優先する。
知らなかったんだ、
それが世のためだ、
と言い訳し、正当化する。

都合の悪いことは、なかったことにする。
過去と向き合うことなく、忘却する。
未来を誤魔化す。
なぜ、そんなことができるのか?
それはまた、自分の姿でもあった。
.
誰かを犠牲にして、便利さ、快適さ、自己満足、我欲を追い求めるときは、もう終わりだ。
足もとを掘り下げ、叡智を生かしていく。
言語や背景や国や町は違っても、生きとし生けるものが愛し合い、大切にしあって
生きていける未来を創りたい。

 
折しも、原爆を搭載した爆撃機飛来の極秘情報を
事前に大日本帝国陸軍は察知していた、と
広島・長崎原爆投下の66年目の昨夜、番組が伝えていた。
.
平和とは何か?
語感に誤魔化されることなく、
目を曇らせることなく、心の小さな声に耳を澄まし、思考を明晰に、地球のすべての命を想い、

つながって生きたい。
日々、太陽のもとで生きて行きたい。
.
 
 
服部淳子
posted by no nukes at 07:10| 私の平和宣言

2011年08月07日

私の平和宣言


ちゃんと口に出そう、と今思っています。
今まで、心の中の言葉を、ちゃんと口に出さなかった。
多分それも、保身のためだったかもしれない。
責められなければならないのは、他のだれでもない、自分自身なのだ。
今夜、尾道市の駅前芝生広場で、「ソーラーキャンドルナイト、平和の祈りの集い」を計画しました。
「私は、原発のない世界を切望している」と、ちゃんと表現したかったので。

林原玉枝

posted by no nukes at 19:15| 私の平和宣言

英語版を読み上げるアーサー・ビナードさん

「2011年 みんなの平和宣言」の英語版は詩人のアーサー・ビナードさんが作ってくださいました。
お忙しい中6日の夕方、ドーム前に駆けつけて読み上げてくださいました。

posted by no nukes at 13:38| NO-NONSENSE DECLARATION

「2011年 みんなの平和宣言」をドーム前で読み上げました

8月6日8:30より、「2011年 みんなの平和宣言」をドーム前で読み上げました。
はじめに、呼びかけ人である広島市立大学の湯浅正恵さんが日本語版を読み、次にノ―ニュークス・アジアフォーラムにインドから参加しているウダルクマルさんが英語版を読んでくださいました。

P8060219.JPG

P8060224.JPG
posted by no nukes at 13:11| 2011年 みんなの平和宣言

ニュース記事の紹介


みんなの平和宣言:「原発は全てを崩す」 市民グループ宣言へ /広島(毎日新聞)
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20110805ddlk34040564000c.html
posted by no nukes at 11:06| 2011年 みんなの平和宣言

2011年08月06日

私の平和宣言








私の平和宣言

 

誰かの不幸の上に成り立つ繁栄はいりません。

自分たちだけの幸福や平和などあり得ません。

自分の立っている世界を知りたい。

想像力を持ち、思考を深く掘り下げ、魂の声に従って

生きていこうと思います。          みお
posted by no nukes at 21:43| 私の平和宣言

大人たちの責任


【2011 わたしの平和宣言】

私が子どもだった頃、戦争は過去の出来事で、
歴史の教科書で学ぶものでした。
世界は少しずつ平和で平等で豊かな方向へ変化していくはずだ、と
想像していました。

私の娘が生まれた頃、イラクで戦争が起こりました。
たくさんの人が反対の意思表示をしたけれど、
止めることができなくて、
娘は、戦争が自分の住む町に来ない?と不安になり、
息子は、なんで大人は戦争したがるんやろ?と不思議がりました。
イラク攻撃を真っ先に支持した首相を持つ国の有権者である私。
誕生日を迎えることのできなかったイラクの子どもたちに
申し訳ないと思いました。

私の子どもの誕生日が来るたびに、
いのち奪われた子どもの存在を思い出し、そして知りました。
私が子どもだった頃だって、
いくつもの戦争や暴力や理不尽があったこと。
知らなかったのではなく、
知ろうとしなかったのではないか?

大人が、多忙を理由に無関心を選び、
思考停止に陥っているうちに、
子どもの未来がやせ細っていく。

原発事故まで起こってしまった今。

日常的な、無数のひとびとの、
行動と意思表示がなければ、平和はつくれない。

戦争は二度と起こさない。
核兵器はいらない。
原発を卒業し、持続可能なエネルギーで生きていく。

そのために行動することが、私たち大人の責任だと思います。

<楠見子連れ9条の会 * 馬場潔子>
posted by no nukes at 18:24| 私の平和宣言

原発も核兵器もいらない。

平和宣言に賛同します。
福島原発事故後に起こった現実を見た大くの人々が
「原発は間違っていた。」ことに気が付いています。
気が付いたのに、まだ止められない、止めさせられないでは
福島をはじめ多くの被害を受けた皆様の苦しみを見なかったことになってしまう。
こんなにも多くの人に苦痛をもたらした東京電力の電気を使ってきた私
原発ももんじゅも核燃料サイクルも間違っていたのに無力だった私
今、なんとかしなければ、子供たちを守らなければ、次の世代に申し訳が無い。

まず今日、8月6日(土)16:00 日比谷公園・中幸門集合の、各電力会社を回るデモへ参加します。
みなさんと力を合わせて、脱原発・核の無い世界をめざして行動します。
東京都 西沢
posted by no nukes at 10:46| 私の平和宣言

2011年みんなの平和宣言 チラシ


2011年みんなの平和宣言 


みんなの平和宣言曲無しOL.jpg
posted by no nukes at 07:16| 2011年 みんなの平和宣言

私の平和宣言

私は原爆3世、甲状腺の病気を経験しています。
叔父は白血病で今年5月に他界しました。
原発、核の平和利用すべてがなくなる社会をのぞみます。

T.N
posted by no nukes at 07:06| 私の平和宣言

from England

Hi - yes I got your peace delcaration and I will speak about it at our Rally on Hiroshima and nagasaki Day. I have been able to down load it just in time. Well done!
Ankie Hoogvelt, Sheffiled England

posted by no nukes at 02:50| 私の平和宣言

わたしの平和宣言

新澤克憲(シンザワカツノリ) 東京都

8月になると白や赤いヘルメットを被り
旗を持った男女がどこからともなくやってきた

僕はそいつらを不機嫌な気分で眺めながら
耳鳴りのような蝉時雨の中、
平和公園の中を
通り抜け、自転車をこい だ

彼らがヒバクシャといいヒロシマと言った
そこに住む者はヒロシマとは言わない
広島は広島

祖父と祖父、叔父や父、いとこやぼくたちは、
8月6日の朝、比治山に出かけた
そこには小さな樫の木があって
汲んできた水を掛け
祖母は会ったことない叔母の名前を呼んで泣いた

8月6日は人の死んだ日
無数の父や母や子供たちや恋人や兵隊さんが死んだ
何千何万の人たちの命日なんだ
    
沢山の灯篭が立てられ
町中が線香の匂いに溢れ
スーパーカブで坊主が走りまわる
そんな一日なんだ

広島の友よ
僕らは、制御不能な火の恐ろしさを知っていたではないか
僕は今、悔しくてしかたがない

広島の友よ
思い出してくれないか
無数の父や母や子供たちを

きみたちは怒っていないのか

僕は今、東京にいて
3月のある日、僕の町にも、それが降り注いだ
誰にも知らされないまま
安全だと信じたまま、ぼくと妻と子供は卒園式に出かけ、
こどもたちは園庭を走り回った

もう、その火はいらないと僕は思う
広島の友よ
僕は怒っている
posted by no nukes at 00:09| 私の平和宣言

ヒロシマの地から「2011年 みんなの平和宣言」!





「2011年 みんなの平和宣言」に賛同します♪

 

 子どもたちを放射能から守る大阪ネットワーク:松尾暢浩(大阪府)
posted by no nukes at 00:04| 私の平和宣言